Binance(バイナンス)の登録方法や使い方、主戦場にする理由

今回は、以前特集記事を書いた仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)についてまとめてみました!

海外取引所といえばPoloniex、Bittrexをはじめ無数に存在しますが、ここにきてBinanceを使うことによるメリット口座開設について改めて解説します。XVGも買えるよ!!(心の声)

Binanceとは

Binanceは、2017年にOKCoinの創業者であるチャオ氏をはじめとして設立されました。

最近では知名度も急上昇、さらに24時間あたりの取引高は瞬間的に世界一を記録したりと、知名度・ユーザー数ともに急成長中の取引所です。

設立自体は2017年7月ですので、取引量世界一を記録するまでに要した時間はたったの5ヶ月。

他の取引所には無いキャンペーンも多く、Binance上でICOが行われたりと独自性にも長けています。

主戦場にする理由とは

Binanceは中国の取引所ですが、現在は拠点を香港へと移し取引所の規制等も受けていない状態です。

最近では日本向けのマーケティングも進んでいるとのことで、このまま取引所のトップシェアに君臨するのではと予想されます。

更に一部情報によると、現在取引所の覇権を争っている「Bittrex」が新規登録を当面停止するとのアナウンスもサポートフォーラムに書き込まれていました。

そうなると、主要な海外取引所は「Poloniex」や「Binance」などが残ることとなり、ユーザー数の増加から大口が流れてくる可能性は非常に大きいです。

また、Binance上ではBNBトークンやETH支払いによるICOが不定期に行われています。

過去にはTRONGIFTOなどのICOが実施されました。

※2017/12/18 GIFTOもBinanceへの上場が完了し、19日には「bread」のICOが行われます!

ICOで発行されたトークンの値上がりに期待する場合は取引所への上場が大前提となるため、「Binance」という大きな取引所上で行われているICOに参加できればその期待値は高まるでしょう。

Binanceに登録する

Binance公式サイトへアクセスします。

アカウントを作成

必要事項を記入して下さい。この時、パスワードには大文字・数字を含む必要があります。

スパム対策の為、パズルピースを動かすことによる人間確認が必要です。

ピースをスライドさせて穴の開いた部分まで動かして下さい。

メールアドレスの確認

登録が完了すると、メールアドレス宛に確認メールが送信されます。

届いていない場合は、迷惑メールフィルタ等により振り分けられている可能性もあるため一度確認してみましょう。

最初にやっておきたいこと

2段階認証の設定

取引所のハッキングリスクを少しでも下げるため、2段階認証の設定は必ず行いましょう。

アカウント作成が完了すると2FAの警告が表示されるため、「Google検証」をクリックしてください。

QRコードを「Google Authenticator」等のアプリで読み取り、2FAの設定を行います。

なお、QRコードは印刷やスクリーンショットを取るなどしてバックアップを忘れずにとっておきましょう。

BNBトークンの購入

BNBはBinanceオリジナルのトークンなのですが、実はBinance上で手数料の支払いに利用することができます。

しかも、BNBトークンで手数料を支払う際には通常の手数料の半額で取引が可能になるため、まずはBNBトークンを少量でも購入して取引を開始することをオススメします。

ビットコインの入金

画面右上の「資産」タブから、入出金にかかわらず「預金の引き出し」をクリックします。

通貨を入金したい場合は「預金」、引き出しをしたい場合は「お引き出し」をクリック。なお、「一時停止」と表記されている通貨の取引は不可能です。

あとは各種通貨の入金用アドレス宛に送金を行って下さい。

仮想通貨取引の方法

Binanceではトレード画面を「ベーシック」、「アドバンス」の2種類から選択することが可能です。

「ベーシック」では簡単に取引を行いたい方、「アドバンス」ではインジケータなどを表示しテクニカル分析などを行い方向けになっています。

ベーシック取引画面

アドバンス取引画面