ブロックチェーンで猫を飼う!?CryptoKittiesを紹介

こんにちは、しずく(@sizuku_bitcoin)です。

TLでなにやらブロックチェーン上のネコがアツい!とのツイートを見かけたため、ちょっと息抜きの記事も兼ねて私も早速ネコを飼ってみました。

今回紹介するサービスのネコが250ETHほどで売れた(サービス内のマーケットでネコを売買できる)ようで、もしかすると一攫千金のチャンスもあったりするかもしれません。

※追記:このゲームの懸念点について考察を加筆しました。(2017/12/05)

まだまだはじめたばかりでわからない点も多いのですが、とりあえず始めてみたい方向けにザックリとまとめてみました。

今後新たにわかった情報などは追記していく予定です。

※ゲームとは言えどお金(ETH)が絡むので、自己責任の元に遊んでみてください!

アカウント作成

CryptoKittiesはMetaMaskの導入が必須です。まだの方はDEGさんが詳しく解説してくださっているのでこちらの記事をぜひ御覧ください!

1.公式ページにアクセス

2.MetaMaskにログイン

3.Sign Inをクリックしてアカウント情報を入力

4.MetaMask側でSignをクリックして連携完了です

猫を飼ってみる

とりあえずアカウントを作成した段階ではネコがいない状態なので、まずはネコを購入するところからはじまります。

初回ということで、まずは安い順にネコのマーケットをソートしてネコを購入してみましょう。画面右上の「Marketplace」をクリック。

ずら~っと発売中のネコが表示されるので、なんとなくこれだと思うネコを決めます。

だいぶ憎たらしいですが、とりあえず安かったのでコイツに決定しました。「Buy now」でMetaMaskによる支払いが可能です。

購入が完了するとトランザクションが「Successful」に変化します。これでネコの購入が完了しました!

交配してみる

ネコの交配方法には、

  1. 飼っている猫どうしで交配する
  2. 自分が飼っている猫を市場に流し、お金を払ってくれた人には子孫を、自分はエーテル(ETH)を得る

の2種類の方法があります。控えめに後者は闇が深いですが…。

とりあえずマーケットでもう1匹ネコを拾ってきて、①の方法で交配を試してみます。

1.MyKittiesから交配したいネコを選択

2.「Breed Kitty」を選択

3.「Sire with my Kitties」から交配したいネコのペアを決定します。

4.規約に同意した後、MetaMaskでも承認すれば無事手続きは完了です!

手続き後はネコごとにクールダウンタイムが設定されており、時間経過で子供のネコが誕生します。

クールダウンタイムは交配する毎に増えるようです。()

ネコが産まれると

CryptoKittiesをはじめて2日目、無事にネコが産まれました!

交配をしたネコのステータスは「Bun in overn ○hours」と表示され、クールダウンが終わると子猫が誕生します。(画像は出産準備中の状態)

また、無事に時間経過で子猫が誕生すると、登録したメールアドレス宛に生誕おめでとうメールが送られてくるのですぐに気付けます。

懸念点

CryptoKittiesで楽しみながらお金を増やしたい、お金を減らさずに遊んでいこうと思っている方にこのゲームは推奨できません。

このゲームは、最初に参加した時点で保有しているネコはいません。その為、新規ユーザーは必然的にネコを1匹購入するところから始まります。

つまり、どんな種類のネコが産まれても新規ユーザが存在する以上、マーケットに安値で置いてあるネコ(レアではないネコ)がはじめの1匹としてよく購入されていきます。

しかしながら、ユーザーが増加している現状ではそこまで影響はないかもしれませんが、ある程度飽和してくるとレアなネコ以外はほぼ捨て値でマーケットに流通することになるはずです。

そのため、非常にレアなネコとそうではないネコの価格に雲泥の差が生じ、通常のネコはほぼ無価値の状態になることが予想されます。

ブロックチェーンとゲームの連携に関しては非常によく出来ており素晴らしいコンテンツだとは思うのですが、ぜひスキームについてもある程度頭に入れた上で遊んでみて下さい。

まとめ

クリプトネッコをはじめて2日目、無事に交配が成功して子猫が誕生しました!

とりあえずは交配に成功したネコをマーケットに出せるまでの流れは追っていきたいと考えています。