【解説】TNT(Tierion)のノード建てにチャレンジしてみたお話

こんにちは、しずく(@sizuku_bitcoin)です。

今回は一部で話題になっているTNTのノード建てにチャレンジしてみた結果を報告します。

私自身プログラミングに関する知識はあまり深くなく、ネットワークについてはド素人なので不安でしたが、織田弾正忠信長くりぷとちゃんの記事やGitHub情報を参考になんとか成功したので備忘録を兼ねてまとめてみました。

躓いた箇所についてはその対策を添えているので、参考になれば幸いです。

追記:ノードがきちんと設定されているか一括チェックできるスクリプトについて解説しました。

TNTのノード状況を一括確認する方法

2017.09.21

ノード建ての流れについて

以下に示すものが主にノード建てに必要な項目です。まだトークンを所持していない方はLiqui等の取引所などで購入してください。

  • TNTトークンが2,500以上入ったERC20対応ウォレット(MyEtherWalletなど)
  • VPSサーバー(Linux系)
  • SSHクライアント
  • 時間

続いてノード建ての解説なのですが、超絶わかりやすくまとめられた織田弾正忠信長くりぷとちゃんの記事が神記事ですのでぜひそちらを御覧ください!

Tierion殿のノード建てについて - 仮想通貨で天下布武を
仮想通貨でブイブイ言わせている皆様おはようなのじゃ。 今日はTierion殿のノード建てについて、やさしく丁寧に解説していくのじゃ。 「Tierionって何?」って御仁は回...

今回使用しているVPSサーバーは月額5ドルで利用可能なDigitalOceanを使用しています。

VPSサーバー契約

VPSサーバー契約のためにDigitalOceanにアクセス。

※上記リンクからの登録で2ヶ月分(10ドル)のクーポンが配布されます。

必要事項を記入して「アカウントを作成する」をクリック。

確認用のメールが指定したメールアドレス宛に送信されます。

DigitalOceanからメールが届いているはずですので、リンクをクリックすることでアカウント確認が完了します。

私がつまづいた箇所

SSHでVPSサーバーにログインできない

初っ端のOpen-SSHでログインするところなのですが、私の環境ではVPS設定に不備があるのかPermission denied, please try again.と表示されログインできませんでした。

そこで、SSHクライアントとしてTera Termを使用したところ特に問題なく使えたので、同じ症状が出て対策がわからない場合はお使いください。

TeraTermのダウンロードはこちら

※解説画像ではrootでログインしていますが、セキュリティについては各自対策を行って下さい。

IPアドレス貼り付けなどの際にTera Term内でコピーアンドペーストを利用したい場合、貼り付けたい部分で右クリックを押すとクリップボードの内容がペーストされます。

overcommit_memory is set to 0!の警告について

ログを確認していると、以下の様な内容で警告が出ている箇所がありました。

# WARNING overcommit_memory is set to 0!
Background save may fail under low memory condition.
To fix this issue add ‘vm.overcommit_memory = 1’ to /etc/sysctl.conf and
then reboot or run the command ‘sysctl vm.overcommit_memory=1’ for this to take effect.

デフォルトではovercommit_memoryの値が0に設定されており、この状態だとメモリが足りなくなると実行中のプロセスが強制的に終了されてしまいます。

ですので、念のためovercommit_memoryの値を1に変更しておきましょう。以下に手順を示します。

まずはchainpoint-nodeへディレクトリを移動してmake downでノードを一旦落とします。

cd chainpoint-node
make down

その後、以下のコマンドをターミナル上で実行。

sysctl -n vm.overcommit_memory

おそらく0という値が返ってくるはずです。

sysctlに-wオプションで設定変更が可能なので、末尾に=1と付け足して変更します。

sysctl -w vm.overcommit_memory=1

このように表示されれば完了です。

 

起動後はmake upでノードを立ち上げれば完了です。

追記(2017/09/19)

織田くりぷとちゃんからの情報でシャットダウンはせずに以上に示す手順で大丈夫とのことでした!(VPS環境に依存する可能性はあります。)本当に感謝なのじゃ。それに伴い記事を一部修正したのじゃ。

11: Resource temporarily unavailableエラー

はじめのDockerInstallのコマンド(以下)を実行すると、

curl -sSL https://cdn.rawgit.com/chainpoint/chainpoint-node/13b0c1b5028c14776bf4459518755b2625ddba34/scripts/docker-install-ubuntu.sh | bash

たまに画像のようなエラーが返されることがあります。

このエラーはFirewall等、接続に起因するエラーなのですが、DigitalOceanでサーバーを建てたばかりだと特に起こりやすいです。

一度試して同じようなエラーが出る場合はしばらく時間を置いてから試してみて下さい。基本的には数分で解決するはずです。

覚えておきたいコマンドたち

cd chainpoint-node

cdはディレクトリの移動を示し、chainpoint-nodeフォルダにTNTノード実行用のファイルが保存されています。

以下のmake系コマンドを使用する際は、まずchainpoint-nodeディレクトリに移動する必要があります。

make up

ノードを立ち上げる際に必要なコマンド。

make down

ノードをシャットダウンする際に必要なコマンド。設定変更前はノードをシャットダウンするのが吉です。

make logs

ノードが働いているのか、エラーが出ていないか等のログを確認したい時に必要なコマンド。

sysctl -a | grep vm.over

Linuxのシステム変数を確認したい時に使用するコマンド。この場合はgrepを使用しており、vm.overを含む項目を表示します。

shutdown -r now

システムを再起動したい際に使用するコマンド。-rオプションを付けることで再起動になります。-hオプションを使用するとシャットダウン。(尚実行すると今回のVPSの場合はメモリの設定がリセットされるようなので注意)

クレジットの送信先

TNTノードを運用する際にはクレジットが必要で、一定時間ごとにクレジットが消費されていきます。

なおクレジットはTNTを指定アドレスに送ることで変換することが出来るのですが、その送信先アドレスはchainpoint-security.txtに記載されているのでお間違えのないように。

chainpoint-security.txtを閲覧するためにはまずchainpoint-nodeディレクトリに移動して以下のコマンドを入力。

vim chainpoint-security.txt

TNTのノード状況を一括確認する方法

2017.09.21

ノードアップデートについて

TNTのノードは日々アップデートが行われています。

コチラに関しても織田弾正忠信長くりぷとちゃんがまとめてくださっているので要チェック!

エラーが吐かれていたり動きがおかしい場合はまずアップデートを疑いましょう。

Tierion殿のノード建てについて2 - 仮想通貨で天下布武を
TNTのノード建てで消耗しているみなさんおはようなのじゃ。 朝起きたら、昨日の記事の確認3ができなくなっておったのじゃ。 何事かと思い調べてみたら、どうやらノード...
git pull

を実行してAlready up-to-date.になっていれば最新版です。

念のため、設定したERC20ウォレットのアドレスや、IPアドレスの記述がしっかりと保存されているかも確認しておきましょう。

NTPサーバー設定について

GitHubを覗いているとNTPサーバーの設定を行ったほうが良いとの記述がありました。

こちらの設定についてはCrypto Mafia様が日本語でわかりやすく解説してくださいっているので是非そちらを御覧ください!

Tierion ノード構築 / NTP設定 | Crypto Mafia | note
1. コマンドラインでサーバーへログイン 2. パッケージの更新 sudo apt-get update 3. NTPのインストール sudo apt-get install ntp ※ファイアウォ...

わからないことがあったら

GitHubのIssuesページに投稿したり、同じような質問が上げられていないかチェックしましょう。

大きめの問題があればまず間違いなく誰かがスレッドを立てているはずです。

もし記事内に間違いがあれば、TwitterLINE@宛に教えてくださると嬉しいです。直ぐに修正致します。

▼以下のボタンをクリックして頂けると記事更新の励みになります。▼
  • LINE@にまだ登録していない方はこちらよりご登録をお願い致します。
  • ビットコイン口座の開設はcoincheckがオススメです。口座開設方法の記事はこちら

※いまなら最大5000円キャッシュバック中、スマホからでも簡単に購入できます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
他の仮想通貨ブログも見たい方はこちらからどうぞ!