急成長中の寄付案件MyCashPoolに登録!

MyCashPoolとは

f:id:keita1208:20170205163745p:plain

MyCashPoolとは、以前ご紹介したAIDP2PBTCと同じように従来のよくあるHYIP案件ではなくユーザー間で寄付をし合うコミュニティです。そのうえ寄付をするだけではなく、寄付することで配当(他人からの寄付)も得られる仕組みです。しかも登録に必要な初期投資はたった0.02BTC(約2,000円)で最大なんと32,768BTCが得られます!0.02BTC以上に必要経費はかからないので、まずは登録することをおすすめします。

今までのCrazeやAIDと比較しても登録者の増加率が段違いなので、はやめに登録して寄付を受け取りましょう。

MyCashPoolのしくみ

MyCashPoolは寄付することに自身のアカウントレベルが上がっていき、最大で10レベルまで上がります。

まず登録した段階ではレベルは0です。そのままだと他の人からの寄付を受けられない状態のため、まずは0.02BTCの寄付を行う必要があります。(これが初期投資です)

寄付が完了するとレベル1へ上がり、「2名から寄付を得られる権利」が獲得できます。すると2名から0.02BTC×2人=0.4BTCを受け取ることができます。

次に寄付される枠を増やすためにレベル2に上げる必要があります。ここでは0.03BTCの寄付をする必要があります。(0.4BTCを既に受け取っているので損はない)

寄付が完了するとレベル2へ上がり、「4名から寄付を得られる権利」が獲得できます。すると4名から0.03BTC×4人=0.12BTCを受け取ることができます。

・・・とこれをレベル10まで繰り返すことで1024人から寄付をもらうと32,758BTCが獲得できます!

f:id:keita1208:20170205164231p:plain

登録方法

MyCashPoolのサイトへアクセスします。

1.”REGISTER”をクリック。

f:id:keita1208:20170205164312p:plain

2.必要事項を記入します。※電話番号は入力しなくてもOKです。

f:id:keita1208:20170126085028p:plain

これで登録完了になります。

受取用ビットコインアドレスの設定

ログインに成功したら、まずは寄付を受け取るための自分のビットコインアドレスを設定しておきます。

1.ダッシュボードの”Add Wallet”をクリック。

f:id:keita1208:20170205164446p:plain

3.必要事項を入力。この時、ウォレットはブロックチェーンを推奨致します。

f:id:keita1208:20170126085706p:plain

以上で設定完了になります。

寄付を行う方法

登録してから2日以内に寄付をしないとアカウントが停止するので、登録後は速やかに寄付を行う必要があります。

1.”Upgrade”をクリック。

f:id:keita1208:20170205164917p:plain

2.寄付金額と送金先アドレスが表示されますので、アドレス宛に送信してください。

f:id:keita1208:20170126090037p:plain

3.支払いにお使いのサービスからトランザクションコードを取得します。

コインチェックですとトランザクションIDが表示されないことがあることを確認致しました。ブロックチェーンをご利用ください。

ブロックチェーンの場合は”取引”から画像のボタンをクリック。

f:id:keita1208:20170126090654p:plain

アクセス先の以下の部分がトランザクションIDになります。

f:id:keita1208:20170126090735p:plain

4.コピーしたトランザクションIDを貼り付けます。”Submit”を押して完了。

f:id:keita1208:20170126090940p:plain

もし2時間以上経っても寄付が行われない場合はサポートにお問い合わせください。私のLINEに連絡をいただければその都度サポートいたします。

line_add

リファラー一覧について

ダッシュボード下のこのような表の意味について解説致します。

f:id:keita1208:20170205165955p:plain f:id:keita1208:20170205170309p:plain

※クリックで拡大します

左から順番に、

  1. Level:レベル
  2. Donation:1人あたりの貰える寄付額
  3. Max.Referrals:自分の下についてもらえる最大人数
  4. Referrals:実際に自分の下についている人数
  5. Recived:実際に受け取った寄付額
  6. Potential:受け取れる寄付の理論値

寄付が終わればレベル1の場合「2人から寄付を受けれる権利」が獲得できた状態ですので、誰かに寄付されるのを待つ形になります。寄付はシステムが自動で振り分ける形ですが、直紹介も可能ですので誰かを紹介して寄付を得ることも可能です。

今回の案件はHYIPでは無いためリスクはかなり低めだと思います。それに加えて初期投資も0.02BTCだけで大丈夫ですので、登録人数の少ない今の段階でポジションを構えることで寄付を受けれる確率も上昇します。

注意点

まず、システム上寄付を送り合うシステムのため、寄付を送らないとなにも始まらないということです。以前私はリスクを回避するために次のレベルまでの資金を貯めてからレベルアップしたほうが良いという見解でした。もちろん、これによりレベルアップを行っても寄付が受けられないというリスクは回避できます。

しかし、これは間違いで寄付を送らなければそれに対する見返りは少なくなるということです。例えばレベル1の段階ではレベル1の方からしか寄付を頂けません。ですので、予めレベル3程度まではアップグレードをオススメします。

また、私も利用しておりますが公式で複数アカウントの所持を許可しております。もちろん、アカウントが複数あれば回収の期待値は個数倍になりますのでぜひ利用してみてください。例えば1つのアカウントで0.1BTCほどしか寄付を受けられなくても10アカウント作れば1BTCの収入です。

MyCashPoolの登録はこちら

セブン銀行(ATM)でビットコインを下ろすにはWirexカードが便利です。

Wirexカードの登録から発行手続きの解説記事はこちら

ブログランキングに参加しています。1クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ

f:id:keita1208:20170124113137p:plain

f:id:keita1208:20170126134415p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です